里親募集

ケージぎゅう詰め猫、その後

先日のネグレクトを受けていた子達、里親募集が始まっていますm(__)m
【ハグー】閉じ込められた子達に幸せを!

エイズ陰性で、比較的健康になってきた子もいますし、みんな甘えん坊でめちゃくちゃ可愛いです💕
よろしくお願い致しますm(__)m

そしてありがたい事に、早々に3匹譲渡が決まりました😿
ハンデも受け入れて頂き、とても可愛がってくださっていて感無量の日々です✨

前回の ケージぎゅう詰め猫~ネグレクトじゃないの?~ の続きというか・・・
何も世話出来ないのに、自分で全部面倒見ると言い張る飼い主との長い戦いの末、保護に至った経緯の追記ですが・・・

少しずつ私達が敵ではないとわかってきたのか、Yさんが現場へ通ってくださった際に瀕死状態になってしまっていた子を「預かって看病するよ?」と声かけたところ、それまでは頑なに断っていた飼い主が「お願いします」と渡してきたのです。
それがきっかけで、「他の子達の下痢も風邪も、全員私達がちゃんと治すから」と行政交えて粘り強く交渉し、無事成功致しました。

当団体は、シェルターも無いですし実際動いているメンバーもかなりの少人数ですし、様々な内容の相談案件も山のようにあり全頭保護なんてとても無理でしたが、Yさん自ら保護を名乗り出てくださったからこそ、早期に助ける事が出来ました。

 

Yさんは、もともとご自身の親族の多頭崩壊の相談をしてきた方なのですが、その当時から空いていたプレハブを猫ハウスにしていて、そのうちシェルター代わりにとおっしゃってくださってたんです。

また、1頭ずつのケージにする為足りない分などは他の団体の方々から素早いご協力を頂いたおかげで、すぐに環境が整い・・・本当に感謝しかありません😿

その後1~2ヶ月かけて様子を見ながら、ケージ暮らしではなく仲良しの子はずっとフリーにしたりして、保護環境も更に良くなりました。

 

想定以上の医療費もかかっていますし、今後里親さんが決まらなかった場合どうしていくかなどまだまだ問題は山積みですが、猫たちの為に歯を食いしばって頑張って行きますので、どうか応援よろしくお願い致します!!!

和毛~にこげ~ 増山